お問い合わせ

■CALENDAR■
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前月 2020年08月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■

「訪問診療」と「往診」 何が違う?
こんにちは!!
石川県老人ホーム紹介センター あーちです。

6月に入りましたね。 30度越えの暑い日もあれば、今日のように涼しく感じる日もあり、気温の変化についていくのが大変ですね。
体調をくずさないように気をつけたいものです。

今日は医療について少し触れたいと思います。
医療は受ける場所によって次の三つに分かれます。
 ①外来医療 ⇒ 病院や診療所の外来に通い受ける医療
 ②入院医療 ⇒ 入院して受ける医療
 ③在宅医療 ⇒ 患者さんの自宅などで受ける医療

医療制度上の問題から、高齢者の方々が、自宅や老人ホームなどの高齢者施設で療養されることが年々増えてきています。
本来、病院で受けていた医療を、住んでいるところで受けられるものが、三つ目の「在宅医療」となります。
その在宅医療も「訪問診療」と「往診」に分けられます。
では「訪問診療」と「往診」にはどんな違いがあるのでしょうか。

 ・訪問診療とは ⇒ 「計画的で定期的な診療です。」
                疾病や傷病のため通院が困難な方に対し、患者さんの様々な情報を詳しく伺いながら、
                診療計画、訪問スケジュールを立てていきます。その上で1週間に1回、2週間に1回
                などと定期的に訪問し診療します。

 ・往診とは    ⇒ 「困ったときの不定期な診療です。」
               通院できない方の要請を受け、予定外に医師がその都度診療を行うことです。
               救急車を呼ぶほどではないという場合などに、かかりつけ医などに診察にきてもらう
               場合のことです。

これらは介護保険ではなく医療保険が適用されます。 違いをしっかりと理解した上でサービスを利用したいですね。


条件や要望をお聞きして、ご本人、ご家族の方が納得して満足いただける
老人ホーム探しを全力でサポートいたします。
《ご相談はこちらまで》→石川県老人ホーム紹介センターあーち 0120-776-073



| https://ishikawa-arch.com/blog/index.php?e=46 |
| お知らせ | 02:20 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑